脱退一時金の手続き代行、脱退一時金の納税管理人の手続き
(Aプラン)の流れは

 「脱退一時金の手続き代行+脱退一時金の納税管理人の手続き」(Aプラン)の手続きの流れは次のとおりです。

  

1.Eメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

2.当事務所からEMS郵便(国際スピード郵便)で次の書類をお送りします。

・手続きの流れ(説明書)

・脱退一時金請求書

・当事務所への委任状

・当事務所への業務依頼書

・その他 

 (業務依頼書が当事務所に到着した時点で、正式なお申込みとします

  

3.申請に必要な書類を当事務所まで郵便で送ってください。

 (脱退一時金の請求手続き)

  

4.申請に必要な調査・確認を行います。

 ●基礎年金番号が分からないときは…

   当事務所が基礎年金番号や、厚生年金保険の加入期間を調査します。

 ●脱退一時金の受け取りに、日本国内の銀行口座を指定したいときは…

   日本国内の銀行の「口座証明印の取得手続き」も代行します。

  

5.当事務所が、日本年金機構へ「脱退一時金の請求手続き」を行います。

  

6.書類を提出してから3〜4カ月後に、

  「脱退一時金支給決定通知書」が送付されます。

  そしてお客様の銀行口座に「脱退一時金の80%相当額」が

  USD($)などの通貨で送金されます。

  (日本年金機構からは、日本円では送金されません。) 

  

7.税金として差し引かれた20%相当額を受け取るには、

  この「脱退一時金支給決定通知書」が必要です。

   

8.当事務所で納税管理人の手続きを開始します。

 

9.当事務所の担当者が、納税管理人として日本の税務署に

  還付請求手続きを行います。

  手続きには、脱退一時金支給決定通知書(原本)を用います。

  

10.書類を提出してから数カ月後に、納税管理人あてに

   還付金(脱退一時金の20%相当額)が支払われます。

   早いケースでは1〜2カ月後に支払われます。

  

11.還付金から手数料をいただきます。

 手数料は、次の@、Aのどちらか高い金額です。(Aプラン料金)

  @ 基本料金 40,000円

  A 脱退一時金(100%支給額)の5% (上限 60,000円)

   

12.還付金から手数料を差し引いた金額を、USD(USドル)で

  お客様に送金します。口座あて送金でお送りします。

  同時にお客様に通知します。

  

13.これで手続きの完了です。

脱退一時金の手続き代行、脱退一時金の納税管理人の手続き
(Aプラン)の料金は

 「脱退一時金の手続き代行+脱退一時金の納税管理人の手続き」(Aプラン)の料金は

 

 Aプランの料金は、下表のとおりです。

 お客様は、当事務所あてに手数料を送金・振込する必要はありません。

 手数料のお支払い時期ですが、脱退一時金の還付金(脱退一時金の20%相当額)をお客様に送金するときに、当事務所の手数料を引かせていただきます。

 「脱退一時金の還付金から、当事務所の手数料を引いた金額」を、お客様にUSD($)で送金します。

 

 

手続き内容 

当事務所の手数料(税込) 

プラン

●脱退一時金の手続き代行

 + 

●脱退一時金の納税管理人

 (所得税の還付請求)の手続き

 

a 脱退一時金(100%支給額)の5%

 (上限60,000円)

b 40,000円(基本料金)

 

a または b のどちらか高い金額

プラン

●脱退一時金の納税管理人

 (所得税の還付請求)の手続き

 

 

 

a 脱退一時金(100%支給額)の4%

 (上限40,000円)

b 20,000円(基本料金)

 

a または b のどちらか高い金額

 (注) Aプランの「 脱退一時金(100%支給額)の5% 」と、

    上限 60,000円の取り扱いについて

 例えば、脱退一時金の総額(100%支給額)が、1,400,000円の場合

 1,400,000円×5%= 70,000円 となります。

 ただし、この金額(70,000円)は、上限 60,000円 を超えていますので、

 この場合は(上限適用で)手数料60,000円をご請求します。

 

 Bプランの「 脱退一時金(100%支給額)の4% 」と、

 上限 40,000円の取り扱いも同様です。

▲このページのトップに戻る