内容証明郵便の事前準備

 内容証明郵便の事前準備

 

 内容証明を出すには、あらかじめ次のものを準備します。

 

 1)内容証明郵便にする手紙文3通(3通が同文のもの)

 2)封筒

   表側に相手方の住所氏名を記入し、裏側に差出人の住所氏名を記入します。

   郵便局で確認がありますので、封をせずに郵便局へ持参します。

 3)印鑑

   あらかじめ必要箇所には押印しておきます。

   (2枚以上にわたるときは、ホッチキスで止めて、契印を押す)

   郵便局で確認した際に、内容を訂正するときには印鑑が必要となります。

 4)郵便料金

   内容証明郵便を出すのに必要な料金は、次の@〜Cの合計です。

   @通常郵便料金:25gまで80円。50Gまで90円。

   A内容証明料:手紙文が1枚なら420円。2枚目からは、1枚ごとに250円増し。

   B書留料:420円。(内容証明郵便は書留にする必要があります)

   C配達証明料:差出の際に依頼すれば300円。差出後に依頼すれば420円。

  

 例示しますと、

  手紙文が1枚のときは1,220円となります。

   (@ 80円 +A 420円 +B 420円 +C 300円)

  

  手紙文が2枚のときは1,470円となります。

   (@ 80円 +A 670円 +B 420円 +C 300円)

  

 なお、取扱い郵便局は集配郵便局(いわゆる本局に限られています

郵便局にて

1)窓口に提出

   手紙3通と、封筒1通を窓口に出します。

  このときに、

    ・内容証明郵便にすること(と同時に)

    ・配達証明にすること

  を伝えます。

   内容証明郵便にしただけでは配達証明をしてもらえませんので、注意が必要です。

 

2)郵便局員による確認

  手紙の字数、行数、押印など、内容証明郵便の形式に従ったものであるかどうかを郵便局員が確認します。

  

3)郵便局員による確認の記載、押印

 確認が完了したら、郵便局員が手紙の末尾空欄に、確認の記載、押印をします。

  

4)差出人用の手紙の返却

  手紙3通は、次のように振り分けられます。

   ア)封筒に入れ、受取人に郵送される郵便

   イ)郵便局に保管する手紙

   ウ)差出人に保管用として返却される手紙

  「差出人に保管用として返却される手紙」が、差出人に返却されます。

  

5)「書留郵便物受領証」の受け取り

 この「書留郵便物受領証」は、後日、郵便局に保管されている内容証明郵便を閲覧したり、内容証明郵便を紛失した場合に再度証明をしてもらうときに必要です。

郵便局にて謄本の保管(5年間)

 郵便局にて謄本の保管(5年間)

 

 差出人が郵便局に持参した手紙の1通(謄本)は、郵便局に5年間保存されます。

 差出人が、自分が持っていた内容証明郵便を紛失した場合には、内容証明郵便を差出した郵便局に行って、自分の出した内容証明郵便を閲覧することができます。ただし、謄本閲覧として、420円が必要です。

 このときには、差出時に受け取った「書留郵便物受領証」を示すことが必要です。

▲このページのトップに戻る