海外在住者の年金手続きの流れは(要旨)

海外在住者の年金手続きの流れは

1.お問合せ:当事務所へEメールなどでお問合せください。

2.お客様のご要望を確認させていただきます

3.手続きの概要や手数料(料金)についてご説明します。

4.お客様にて「委任状」をご記入いただきます。

5.年金事務所で年金見込額を確認し、結果をお客様にご連絡します。(第1段階)

  このときに手数料のご請求書も合わせてお送りします。

  ご確認のうえ、お振込みください。

6.「年金申請に必要な書類」へご記入・押印いただき、当事務所までご返送ください。

7.社会保険労務士が年金事務所への申請を行います。(第2段階)

8.年金事務所から発行された「請求書の受付控え」をお客様にお送りします。

  原則、受付から約2カ月後に「年金証書」がお客様のご自宅に送付されます。

  その後、年金の支給が始まります。

  (年金事務所の手続きの進行により、時期が前後することがあります。)

  年金は「年額の6分の1」の金額が、年6回、偶数月の15日に支払われます。

  海外の銀行口座を指定した場合は、入金までに、さらに送金日数を要します。

9.手続きの完了

お客様にてご準備いただく書類など

 お客様にてご準備いただく書類は、次の書類です。

 (詳細は、お問合せ時にご連絡いたします)

 ・在留証明(1部)

  (居住地の日本大使館・領事館が発行する在留証明です)

 ・銀行口座を証明する書類

  (銀行の発行した口座の証明書類、通帳のコピー、など)

 ・その他

弊事務所にて手配する書類など

弊事務所にて手配する書類は次の書類です。

戸籍謄本、戸籍の附票

 (委任状にもとづき、市区町村の役所で入手します)

年金請求書

・その他年金申請に必要な書類一式

▲このページのトップに戻る