脱退一時金を申請するときに注意すること

 脱退一時金を申請するときに注意すること

  

 脱退一時金を受け取ると、脱退一時金の計算の前提となった期間は、「厚生年金保険に加入していた期間ではなかった」ことになります。

 つまり、受け取った後は、「厚生年金保険の保険料を支払った期間」がゼロ(0になるのです。

 日本の年金を受け取るのに必要な「保険料支払い済み期間」が、なくなります。

 

 もし将来、その外国人が日本に戻ってきても、脱退一時金の前提となった期間は「年金の加入期間」として取り扱われません。

 そのため、将来、日本に戻る予定があるときは、注意が必要です。

▲このページのトップに戻る